Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.10

Vol.10

営業職の林でございます。

この度の東日本大震災におきまして、
被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

3/11午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とした国内観測史上最大のM9.0の地震が発生致しました。
震災の影響による津波の被害、および福島原子力発電所が受けた被害の復興には2ヶ月が経過した今でも目途はたたない状況です。

今回の震災の影響で、配送業者の遅れ、製品供給者の製造拠点の被災により、納品の遅れが発生し、
お客様との納期調整でこの2ヶ月が経過した様に思われます。

また常日頃から被災に対する配慮のなさを自分の身の回りでも感じるいい機会となりました。
東南海地震が起こったらどうしようか?
災害発生時、家族で何ができるか検討しました。
避難場所の確認、非常用水食料の確保等行いました。

また弊社の提供する商材についても、計画停電等に対応した停電電話機、長時間バッテリーといった
オプションを組み合わせ、安心してご利用いただけるPBXをご提案していきたいと考えております。

最後に、被災地の早期復旧を願っております。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ