Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.16

Vol.16

今回は、総務部、横井が担当します。

私事ではありますが、今夏、築云十年の我が家に白蟻が発生しまして改修工事を行なう事になり、今年の梅雨の時期から強制的に家財処分と一斉大掃除となりました。

強制的に断捨離(ダンシャリ)生活の始まりとなりましたorz
断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる

「過去3年着てない服・使っていない物・使うかもしれない物は捨てる」を基本に捨てていった結果、部屋が広くなりました。

薄々は勘付いてはいましたけど、「まだ使う。まだ着れる」と思って捨てれなかった結果ですが、どれだけ物で溢れていた部屋だったのか痛感しました(^―^;)

取り掛かり当初は、かなり時間がかかりましたよ。なぜなら懐かしい物が出てくると手が止まってしまうのです。私だけかもしれませんが、「あ~。当時こんな事あったな~」って見ながら思い出に浸ったり、本なんて出てきたら読みふけってしまう始末。
踏ん切りが付くまでなかなか「捨」と「離」が断つことが出来ずにいたので掃除中も呪文のように「断捨離、断捨離・・・」と唱えながら仕分けしました。慣れてしまうと難なく出来るし、「いらない物は断つ」ですから、節約術になって片付いてで一石二鳥です。今後も断捨離で生活していこうと思いましたね。

手始めに今年の大掃除は、「断・捨・離」を念頭において片付けます(^▽^)ノ
 ※ 断捨離とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てること

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ