Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.31

Vol.31

今回は、本社の小森が担当致します。

皆さんの住む町にもあるかもしれませんが、

私の住む町には、宮総代という役が回ってきます。

ちなみに、宮総代とは・・・

簡単にいうと区画内の神社の行事やら、

清掃やら、そういったお宮さん関係の仕事をする係りです。

その中の行事で先日、「左義長」という行事がありました。

ちなみに、左義長とは・・・

「小正月を中心に行われる火祭り。正月の松飾りを各戸から集めて、

14日の晩方ないしは15日の朝にそれを焼くのが一般的な方式である。

社寺の境内、道祖神のそばや河原などで行われる。」
                          ネットより抜粋

昨年の4月から1年間このような行事や神社の清掃などが

毎月あり、年末年始などの行事が重なったときは、ほぼ毎週ありました。

最初のうちは、正直、勘弁してほしいというのが本音でした。

全然知らない方たちとの慣れない作業や、せっかくの休日が

つぶれてしまい家族からの大ブーイング!

それでも1年間、会長さんを始め、先輩方の指導を受けながら、

頑張ってくると、楽しさと何か使命感みたいなものが出できて

やってきてよかったと感じるようになりました。

皆さんの町でも、このような事がありましたら、進んで参加して

くださいとは言えませんが、やってみると意外によかったなと

思えるかもしれません。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ