Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.34

Vol.34

岐阜営業所の青野です。

今年は何時までも暖かくなったり寒くなったり落着かない天気具合ですね。
しかしもう立夏、心地良い季節の春が過ぎ暑さ厳しい夏がやってきます。
普通の人より、やや横に成長してしまった私には試練の季節です。

医者からは、「痩せろー」「酒飲むなー」「運動しろー」「飯食うなー」と散々な診察を受け、仕方なくウオーキングを始め約1年数か月。
帰宅後、犬と30分~1時間程散歩するだけですが、一生懸命に歩きますと最初の内は結構きつかったですよ。徐々に慣れてきましたが。
犬も元気でリードも長いので糞の後始末以外では粗止まる事も無く歩けます。自分では良い運動になっていると思っています。医者から見ると足らんでしょうけど。

帰宅後である為、歩くのは夜間です。自分も車に乗るので分かるのですが、反射材等が着いた目立つ格好をして歩くようにしましょう。自分が運転している時も直前でハッと気付く事が偶にあります。逆に自分が歩いている時は「危ないな。コラ!」と思います。
自分は防衛策で反射材を付けて懐中電灯を車に向け揺らして存在をアピールしながら歩きます。後方から来る場合も同様です。これでも直ぐ脇を駆け抜ける車がいますからがっかりです。
当方、田舎の為、街灯もセンターラインも殆ど無く、車の交通量もかなり少ない為、ドライバーも歩行者に遭遇する事がレアなのです。自分から危険回避を考えて歩かないと危ないのです。
休日は日中にもっと長い距離を歩くようにしていますが、でも体重は現状維持がやっとです。
これもまた「がっかり」です。次は「飯食うなー」「酒飲むなー」を実行せねばなりません。これはかなり嫌です。きつい運動は出来ないので、この位の体を動かす事で膝を高く上げて歩く等、工夫して歩こうと思います。消費カロリーが摂取量を上回りますように。

最近は散歩目当てで、私の帰宅を犬が待ち構えています。犬の気持ちは当然行く事になっています。
玄関を入るとじーっと伏せをして此方の様子を伺っています。無視していると居間まで来てゲージをゆすったりして騒ぎ音をたてて私の気を引かせます。向くとじーっと睨めっこ状態。散歩の用意をするまでこの繰り返し。おかげでウオーキング兼散歩はさぼれません。
毎日鬱陶しい事しますが、我が愛犬シェルティ、お気に入りです。

散歩に行くまでずーっと、この眼差しを受け続けます。 

                   

散歩後、余は満足じゃ、良きに計らえ。の目付き 

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ