Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.37

Vol.37

今回は入社35年三河営業所の榊原が担当させていただきます。

入社3か月で三河営業所に配属され10年、本社に3年、三河営業所に戻り3年また、本社に4年勤務後三河営業所に移動で現在に至っています。
35年間の勤務のうち28年三河営業所に勤務をさせて頂きいつの間にか、三河営業所の主になってしまいました。

私の入社当時はクロスバー交換機の最後の時期で初めて交換機を見た時に、こんな機械が解るようになれるのか不安でした。
2、3年も経つと電子交換機が出始め一生懸命に勉強したクロスバーの知識があまり必要無くなってしまいました。
日本電信電話公社から日本電信電話株式会社に民営化され電話屋さんは大きく変わって行く事になったのです。
通信の自由化で通信会社がいろいろと出来始め電話通信費はどんどん安くなり、インターネットに代表されるデーター通信が主流になりコードレス、携帯電話、PHSと目まぐるしい速さで通信の世界は変わって来たのです。
当社も町の電話屋さんから弱電設備、ネットワークと次々に新しい技術を身に付けなければいけなくなり現在に至っています。

世の中の技術進歩の最も速い業界の一つだと思います。
そんな中45歳近くまで技術者として仕事が出来た事は本当に嬉しかったです。
そして、優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)を受賞させて頂けた事を本当に誇りに思っています。
やはり、これだけ技術の進歩が速く専門的になると私たちの年齢では一線から退き指導と、営業活動に従事する事になりました。しかし、営業活動はそんなに甘い物ではありません。
この年からでは、人とのつながり、マナー、経験不足、営業知識の不足は致命的です。
しかし、今までの人とのつながり、技術的な実績、信頼、努力で一生懸命頑張って行きたいと思います。

今まで私と携わって下さった多くの人に感謝をさせて頂き今後も応援、ご指導を宜しくお願いします。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ