Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.5

Vol.5

今回は磯辺が担当です。
前回に続き釣りの話です。
(ご注意:前回の文章のなかに、私含め、ごく一部の社員で密かに筏釣りがブーム・・・と有りましたが、私はごく一部の社員ではありません)

先日友人から釣りの誘いがあり、今まで何回も理由を付けては断っていたのですが、今回は断りきれずに同行させて頂きました。
素人同然の私は、連れて行かれるまま、言われるままに釣りをしたのですが、釣れません。
隣で釣っている友人を見ると、声を掛けるのも怖いくらいに熱くなってますが、本命の黒鯛はつれていない様子です。

当日上がった筏
筏

私の釣り座
釣り座

午前中は時々動く竿先に合わせると、きれいな魚(ベラと言うそうです)が掛かってきます。
私は嬉しくて喜んでいると、外道は放流しなさいとお叱りを受けながら釣りましたが、結局ベラだけでした。

湾内の景観(三重県南伊勢町神前湾)
湾内の景観

この日は小春日和の穏やかな日で、景色が素晴しく、波に揺れる筏の上で仮眠もできて、最高の一日でした。
私にとっての釣りとは、趣味の一つであり、素晴しい景色に囲まれ、四季の移り変わりや小鳥のさえずりを聞きながら、魚を釣り上げるまでの過程と自然を楽しむものだと考えています。
(ごく一部の・・には、ただ釣果のみを追求する漁師さんみたいな人もいますが)
人それぞれに釣りの楽しみ方があるのは承知してますが、今後とも自分なりの釣りをしていきたいと思います。

午後からはメジナも釣れるようになりましたが、結局二人とも本命の黒鯛が釣れることもなく、ベラとメジナで終わってしまいました。

釣果のメジナ
メジナ

釣果は寂しかったのですが、誘って頂いたお蔭で楽しい一日を過ごすことができました。
また来ることを約束しながら帰途に着きましたが、でも今度の休日は趣味の読書をしたいと思います。

我が家の小さな柚子の木が今年も実をつけました。
数は去年の半分程ですが、大きなきれいな柚子です。
風呂に浮かべて使ってます。
柚子

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ