Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.52 釣りについてのお話

Vol.52 釣りについてのお話

本社営業部 石島です。
急に冷え込んできました。冬が駆け足でやってきましたね。

今回も釣りについてお話しします。
釣りをしていて、一番テンションが上がる瞬間、
それはどんな時だと思いますか?
釣った瞬間?魚を手にした時?いや私は違います。

それは、釣り場に着いて準備をしている時です。
釣り支度中、ふと顔を上げると目の前にはこんな景色が広がってます。
水平線の向こう側すぐ近くまで太陽がやってきていて、、

この空の青と白そしてオレンジのコントラスト!
この景色を見に来たくて釣りに来てる気すらします。
2枚の写真は全く別々の場所ですが、どこの夜明けも似てますね。

曇っていても夜明けのテンションはMAXです!

これ、実は来年サミットの行われる賢島沖で撮ったものです。
写真右、山の上に建物がちょこっと映ってるあたりが賢島です。
サミット前後は残念ながら釣りはできないそうです。
まだ政府から正式通達は無いそうですが、4月頃から規制が入るのではとのこと。
釣り人にとっちゃいい迷惑です。。。

ここ最近はアオリイカ狙いで行くことが多いです。

食べると激ウマです。

これから春先まではほとんどの釣りはオフシーズンですが、
これからワカサギが本番です。
このあたりでは入鹿池が有名ですね。
入鹿池の夜明けです。

山の向こう側からやってくる太陽は海とは趣が違いますね。
まだまだ忙しくなりそうです!
あ、仕事も頑張ります。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • お問い合わせ