Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.63

Vol.63

岐阜営業所 
事務員の中西です。
平成22年から始まったこの千代田レター、二度目の投稿です。
月日が経つのは早いもので私が弊社に入社して19年になりました。
今年は社長交代と言う大きな節目を迎え、社員一同更なる飛躍を目指し日々邁進しております。
そして10月、新体制になって初めての社員慰安旅行で福井に行って参りました。
バスでの旅行は5年ぶり。。。
仕事の都合もあり全員参加とはゆきませんが、ゆったりバスの旅を満喫致しました。
長浜に寄り、黒壁スクエアで自由行動。
個人で来るのとは一味違う(笑)
色んな視点で物事見れるのは楽しいものです。

きものイベント開催で通りはあっちもこっちも着物姿の老若男女!外人さんも。
着物大好きな私は良い目の保養になり、わくわくしちゃいました。
若い子の振袖姿は綺麗ですね!!
素直にそう思います(笑)

長浜を後にして、福井恐竜博物館へ
コチラには初めてお邪魔しました。
時間を持て余しましたが、家族連れの子供たちは興味深々!お土産店も人で溢れていました。
子育て中はこうしてどんな人込みも我慢して行列にも並んだものです。
今はそんな我慢出来ないです(笑)

宿泊の地はあわら温泉『まつや千千』さん
お部屋も綺麗でしたが何よりお風呂の解放感が良かったです。
温泉好きにはたまりません。
「お風呂は自慢なんです」と仰っただけの事あります。
慰安旅行一番のメイン、夜の宴会。
お料理もお酒も満足のゆくおいしさ。
待ちに待ちました若手幹事さんの進行で始まった『ビンゴゲーム』
数多くの商品を御用意頂きました。

そして、わたくし1等当てちゃいました(^O^)
神様、皆様、千代田様~ッ、どうもありがとうございます。

こうして夜が更け朝が来て二日目の観光が始まった訳ですが、訪れる場所、車窓、関わる人々、ひとつづつの事がホント当たり前でない事をつくづく感じるのでありました。
旅は気づきがいっぱいあって良いものですね。

平和と言われる日本でもあちらこちらで震災が起き、二人に一人がガンと言う時代
いつわが身かもしれないことを感じながら、でも自分には起きないだろう!と思っている。
何が起こるかわからない!
後悔しない人生を生きたいです。

全ての人が笑顔で元気に仕事が出来ますように願っています。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ