Chiyoda-Letter

HOME > Chiyoda-Letter > Vol.75

Vol.75

今月は、総務部の遠藤が担当させて頂きます。

今年の冬は、例年にも増して寒さが厳しいですが、如何お過ごしでしょうか。
街中を歩いていますと、下記のAEDと書かれた器具を見かける事があると
思いますが、どのような器具がご存知ですか?

AEDは、日本語では、自動体外式除細動器と言います。
インターネットで調べたところ、
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています
以上のように説明されていました。

使い方を学ぼうと動画を見ましたが、実際にその場に遭遇したら、適切に使う事は難しいなあと感じました。
そこで、AEDについて、さらに調べると、無料でAEDの講習が受けられるようです。
名古屋市では、応急手当研修センターや消防署で行われており、入門コース・上級コース等
があるようです。
もう少し暖かくなったら、講習に行ってみようかと考えています。

千代田便り

  • Chiyoda-Letter
  • 周辺MAP

お問い合わせ

ページトップへ